VDSL方式とは?接続方式の違いと光回線方式へ変更する方法

光回線 VDSL

光回線には様々な接続方式があり、そのうちの一つが「VDSL方式」です。

 

現在VDSLをお使いで速度が出ないことで不満を持っている方は、光回線への変更を検討されていることも多いと思います。

 

光回線は接続方式によって通信速度に差が出ます。

 

そこで今回は、光回線の接続方式についてと変更する方法を紹介します。

 

この記事を書いた人

山本 薫

通信業界歴、約20年。豊富な知識と経験を生かし、その人に合わせたベストなインターネットライフの提案から構築までを得意としています。 回線選びは失敗続きだった自身の過去を「お客さまには同じ経験をさせたくない」との思いから、光回線のコンサルティング業に従事。 法人:ビジネスフォンやOA機器、ネットワーク等 個人:携帯電話や光回線の営業等

VDSL方式とは?

 

光回線の接続方式には以下の3つがあります。

 

・VDSL方式

・光配線方式

・LAN方式

 

これらの接続方式の全てで光ファイバーケーブルが使用されていますが、全ての方式が純粋な光ファイバーケーブルを使用しているわけではありません。

 

接続方式によって使用されるケーブル線の種類が異なり、インターネットの最大速度が違います。

 

光回線の3つの接続方式

 

光回線には、3つの接続方式があると前述しました。

 

それぞれの特徴を紹介していきます。

 

VDSL方式

 

VDSL方式は主に、マンションやアパートなどの集合住宅で採用されている光回線の接続方式です。

 

建物内の共用スペースまでは光ファイバーが通っていて、共用スペースから各部屋までは電話回線を使って接続しています。

 

共用スペースまでは最大1Gbpsの光回線が通っていますが、そこから各部屋までの配線が電話回線になるので最大100Mbpsまでしか速度が出ません。

 

光回線なのにVDSL方式で接続している建物でのインターネットの速度が遅いのは、最大100Mbpsしか出ない電話回線を使っていることが理由です。

 

光配線方式

 

光回線方式は、戸建てや集合住宅の一部で採用されている接続方式です。

 

光回線方式では、共用スペースから各部屋まで光ケーブルを使用しています。

 

共用スペースに引き込まれた最大1Gbpsの光回線が各部屋までそのまま配線されています。

 

しかし、戸建てに比べるとマンションでは住人同士で分け合う形になるので戸建てのような速度は出ません。

 

それでも光回線方式で接続された光回線の速度は速く、高速通信でインターネットが利用できるのが特徴です。

 

LAN方式

 

LAN方式は、光ファイバーとLANケーブルを使用した接続方式で、集合住宅の一部で採用されています。

 

現在はVDSL方式と光回線方式が主流ですので、LAN方式が採用されている場所は少ないでしょう。

 

VDSL方式と光配線方式は終端装置(モデムやONU)を使いインターネット接続しますが、LAN方式は部屋の壁などにある差し込み口にLANケーブルを直接つなぐため、終端装置を必要としません。

 

通信速度の最大値は1Gbpsですが、LANケーブルの規格によって変化します。

 

VDSL方式より光配線方式がおすすめ

 

光配線方式の方が通信速度が速く快適にインターネットを利用できる可能性が高くなるため、VDSL方式はあまりおすすめできません。

 

光回線を導入する際は、光回線方式で接続できることが理想的です。

 

VDSL方式より通信速度が10倍速い

 

VDSL方式の最大速度は100Mbpsですが、光配線方式の最大速度は1Gbps(1,000Mbps)と両者の最大速度には10倍の差があります。

 

光ファイバーケーブルを使用する光配線方式と、電話回線を通じて提供されるVDSL方式では通信速度に大きな差が出ます。

 

光配線方式の方がPing値が低い

 

Ping値とは、データを送信してから返ってくるまでの応答速度を数値化したものです。

 

Ping値が低いほど速度が速いので、光配線方式回線の方が良いということになります。

 

VDSL方式と光配線方式では、光配線方式の方がPing値は低くなります。

 

そのため、オンラインゲームなどインターネットの通信速度を求める方は光配線方式をおすすめします。

 

VDSL方式から光配線方式へ変更する方法

 

では、VDSL方式から光配線方式へ変更することはできるのでしょうか?

 

結論から申し上げると、VDSL方式から光配線方式へ変更することは可能ですが、いくつかの条件をクリアする必要があります。

 

集合住宅でVDSL方式が採用されている場合、自分だけの判断で光配線方式に変更することは難しいため、建物のオーナーに許可が必要です。

 

回線事業者の条件を満たしているか確認する

 

多くの回線業者では、マンションなどの集合住宅全体で「〇件以上の契約数が必要」という条件を設けています。

 

大掛かりな工事となるため、ある程度の利用者の確保が必要なのです。

 

よって、希望者が自分一人だけの場合は、光配線方式への変更は難しいでしょう。

 

オーナーから工事の許可を得る

 

VDSL方式から光配線方式へ切り替えるには、集合住宅全体にわたる大掛かりな工事となるため、オーナーから工事の許可を得ないと工事することができません。

 

しかし他の住人にも迷惑がかかるため、許可がおりないことも多いです。

 

自分の契約タイプを変更する

 

自分の契約タイプのみを変更することで、VDSL方式から光配線方式へ変更できることがあります。

 

集合住宅用のマンションタイプではなく、個人で戸建てタイプの契約を結ぶ方法です。

 

この場合でもオーナーの許可は必要ですが、集合住宅全体の配線を変更するよりもハードルが低いため、許可が出やすいといえます。

 

ただし、マンションタイプと戸建てタイプでは料金プランが違うことや、回線事業者によってはマンションに戸建てプランを導入できない場合もあるので、契約条件をしっかりと確認しておきましょう。

 

まとめ

 

光回線の接続方式には3種類あり、接続方式によって使用されるケーブル線の種類が異なり最大速度に違いがあります。

 

VDSL方式は通信速度が他の接続方式と比較すると速度が速くありません。

 

快適にインターネットを利用するためには光配線方式へと切り替えることがおすすめです。

 

インターネット回線を検討中の方や光回線選びでお悩みの方は、当社までお気軽にご連絡ください。

 

光回線のプロがお客様に最適な光回線をご提案します。