店舗開業時に光回線を導入するメリット・デメリット、注意点を解説

光回線 開業

店舗経営を行うにあたり、快適な環境作りはとても重要なことです。

 

そこで、インターネット回線と電話の導入が必要となってきます。

 

中には、その必要性をあまり感じられずに導入することなく営業をしているお店もあるでしょう。

 

今回は、これから開業する予定の方や必要性を感じていない方にも快適な環境作りができるように、インターネット回線と電話の必要性や選び方について解説していきます。

 

お役に立てたら嬉しいです!!

 

この記事を書いた人

山本 薫

通信業界歴、約20年。豊富な知識と経験を生かし、その人に合わせたベストなインターネットライフの提案から構築までを得意としています。 回線選びは失敗続きだった自身の過去を「お客さまには同じ経験をさせたくない」との思いから、光回線のコンサルティング業に従事。 法人:ビジネスフォンやOA機器、ネットワーク等 個人:携帯電話や光回線の営業等

インターネット回線と電話の必要性

 

インターネットや固定電話を置くことは、お店やお客さまにとっても大きなメリットとなり得ることでしょう。

 

たとえば、お店側のメリットとして、

・インターネットや電話が使用できる

・注文用のハンディやWi-Fi用の安価なPOSシステムが導入

・電子マネーやクレジットカードなどの決済サービスが導入

・USENなどの音楽サービスを提供

・予約注文

・防犯カメラが導入できる

・ウーバーや出前館などの宅配システム導入

 

また、お客さま側のメリットとして、

・フリーWi-Fiが利用できる

・電話予約ができる

 

など、売上や集客アップに繋がりる可能性もあります。

 

そのため、お店を開業するのであれば、インターネット回線と電話は必ず導入しておくことをオススメします。

 

※POSシステムとは「Point of Sale」の略称で、小売店の商品が販売された時点の情報を管理するものです。

 

開業しようとしている人の中には、忙しさのあまりにインターネット回線や電話回線の契約が遅く、オープンに間に合わないケースも多くあります。

 

中には、割高な光回線や電話回線を契約してしまい、後々後悔する方も多くお会いしてきました。

 

わかりずらく商品も多いサービスのため、信頼できる会社があれば相談しましょう。

 

当社であれば、徹底サポートいたしますのでぜひご相談ください。

 

インターネット回線の契約方法

 

法人契約でも個人契約でも、インターネット回線を契約する方法は同じです。

 

契約方法は複数あり、代表的なのはNTTフレッツ光などの公式サイトからの申し込み、家電量販店での申し込み、代理店やサイトで申し込みなどです。

 

ただし、公式サイトでの申し込みはキャンペーンも無く、設定なども行っていただけないケースがあるため、信頼性はありますがあまりオススメではありません。

 

また、家電量販店はサイトなどは、キャンペーンは手厚い場合もありますが、申込をした後のフォローについては一切してくれません。

 

当社のようなしっかりと最後までフォローをしてもらえる代理店からの申込がよいでしょう。

 

電話回線を開通させるまでの流れ

 

アナログやISDN回線の場合、以前は電話加入権の取得購入が必要でしたが、現在は加入電話・ライトプランがあり権利は無くても引くことができます。

 

NTT公式で申し込むのが一般的ですが、まずは代理店に相談し自分に合ったプランの提案を受けましょう。

プランが決まり次第、手続きの案内をしてくれるため、それに従い進めていくとよいでしょう。

 

電話回線の種類

 

使用する電話回線には複数の種類があり、今まではアナログ回線が定番でしたが、IT技術の発展と普及によって多様化が進みました。

 

アナログ回線にはダイヤル式とプッシュ式があり、いずれも名前のとおりアナログ信号を送受信する回線です。

 

1回線で同時に行えるのは1通話のみですが、安定性が高く災害時にも強いと言われています。

 

電話機が停電対応機種であれば、停電時でも使えるのがメリットです。

 

ISDN回線はデジタル回線とも呼ばれ、通話時に送受信するのはデジタル信号です。

 

音質がクリアで一つの電話番号で2回線を使うこともできるのがメリットです。

 

光回線で使用する電話は、IP電話と、その中のサービスでひかり電話の2つがあります。

 

ひかり電話は、アナログやISDN回線などの電話回線で用いられた電話番号を使用でき、IP電話は「050」で始まるのが特徴としてあげられます。

 

通話料が、電話回線よりも安く利用できますが、インターネット回線が無いと利用できません。

 

また、ひかり電話に関しては「ひかり電話網」という、インターネットの速度などに影響されない独自の帯域で使用するため、通話品質も安定します。

 

しかし、050から始まるIP電話に関しては、ひかり電話のような専用帯域で使用しないため、通話品質も通信が不安定になるとノイズは入るなどあまりよくない傾向です。

 

大事な問合せや予約の電話が聞き取りずらいなど、双方のストレスとなるのを避けるため、ひかり電話をオススメします。

 

インターネット回線導入のメリット

 

業務効率の向上

 

予約や在庫、売上、勤怠、給与などの管理を手書きや手計算で行うには時間と労力が必要となります。

 

しかし、これらの作業もインターネット回線を利用した安価なシステムを導入することにより、パソコンやPOSシステムを利用することで時間を短縮することもでき、作業効率の向上につながることが実証されています。

 

また、最近では注文で使用するハンディ端末や、タブレットなどもWi-Fiと接続が必須です。

 

時間短縮できたことで、料理や接客のクオリティがあがり、より満足度の高いお店を目指せるのではないでしょうか。

 

集客効果

 

ホームページの作成やSNSのアカウントを開設することで、集客に繋がりやすくなります。

 

インターネット上でお店の情報を広めてもらうことができれば、コストをかけず宣伝することもできます。

お客さまが自由に使えるように、フリーWi-Fiを開放するだけで入店してもらいやすくなり、外国人観光客の来店率も高まるでしょう。

 

また、ウーバーや出前館などの宅配も、利用は年々増えていますが、使用するにはインターネット回線が必要です。

 

Wi‐Fiの開放で売上UP

 

フリーWi-Fiがあるお店とないお店とでは、お客さまの滞在時間に差が出てきます。

 

フリーWi-Fiがあることで、調べものをしたり動画を視聴したりするお客さまが増え、注文などの待ち時間にも快適に過ごしていただくことも可能となります。

 

滞在時間分の注文が増えれば客単価も上がり、売上にも繋がってくることでしょう。

 

ただし、このあたりはセキュリティをしっかりしておかないと、トラブルに発展することもあります。

 

トラブルとしては、

・詐欺行為に加担

・お店のパソコンに侵入される

・使用者が多くなり、せっかくのフリーWi-Fiがつながらない

 

など、他にも多数の事例があります。

 

導入する際は、セキュリティを第一に考え導入しましょう。

 

わからない場合は当社のようなプロに導入相談することをオススメします。

 

電話導入のメリット

 

幅広い層からの予約や問い合わせへの対応が可能になる

 

ネット予約の割合が増えてきてはいますが、電話予約の需要もまだまだあります。

 

ネットでの予約しか受け付けていなかった場合、インターネットを利用していない層の来店機会を逃す可能性が出てきてしまいます。

 

電話を導入することで電話からの予約ができるようになるので、より幅広い層のお客さまの来店に繋げられるでしょう。

 

また、業者や取引先とのやり取りする時にも役立ちます。

 

FAXの使用

 

仕入れ業者の中にはまだまだFAXでのみ注文を受け付けているところもあります。

 

そのため、FAX対応も可能にすることで、仕入れ業者の選択肢も広げることが可能となります。

 

オフィス街の近くにある店舗なら、近隣の企業にFAXDMを送ることもできるため、大きな集客効果が期待できるのではないでしょうか。

 

信頼度が変わる

 

電話が導入されていお店とされていないお店では、店舗の信頼度は大きく変わります。

 

固定電話の番号があるだけで、その場所に存在しているという証明にもなります。

 

番号がない店は、地域に根付いてないお店であったり期間限定のお店なのでは?という印象をもつ人もいるため、信頼を勝ち取るためにも固定電話を取り入れましょう。

 

インターネット回線・電話の選び方

 

光回線であること

 

インターネット回線には、光回線やADSL、CATVがあり、電話には、光回線やアナログ回線、デジタル回線、IP電話と種類があります。

 

その中でも現在使われることが多い回線は、光回線とひかり電話です。

 

理由は、光回線+アナログ、ISDN回線と別々に引くよりもコストが安くなるからです。

 

月額の料金や通話料が安い

 

毎月発生するコストとなってくるので、できるだけ安く抑えるのもポイントです。

 

建物の種類によって料金が決まっているので、利用可能なものの中から選ぶとよいでしょう。

 

申し込みのタイミング

 

お店を開業する場合、オープン日という開通日の期限があるため、その日までには確実に間に合わせなくてはなりません。

 

オープン直前は他の準備に追われ忙しくなるため、できるだけ余裕をもって申し込むことをオススメします。

 

テナントや借家であればオープン日の1~2か月前。

 

ビルであれば、遅くても2カ月以上前から申し込む必要があります。

 

理由としては、ビル調査という光回線が引けるかどうかの調査が必要な場合もあるからです。

 

調査を入れないと、工事日当日に工事ができないケースもあります。

 

また、要ビル調査の場合は必ず調査が必要となり、工事日の調整までにかなりの時間を要します。

 

お得な特典やキャンペーンがある

 

工事費が無料であったり、ポイントの還元、Wi-Fiルータープレゼントなど、キャンペーンを行なっている場合があります。

 

申し込む所によってキャンペーン内容は異なりますが、比較してお得な所やサポートをしっかり行っていただける会社を選びましょう。

 

サポートが充実している

 

毎日使っていれば、急にインターネットや電話が使えなくなるといった不具合が起こることもあり、営業に差し支えたりお客さまにも迷惑がかかってしまいます。

 

サポートが充実している所では、迅速な対応であったり修理の保証や遠隔サポートがあるため、スムーズにトラブルを解決させるためにも重要視しておきましょう。

 

上記のポイントを参考に、お店がある地域や建物で使えるサービスを探しましょう。

 

長く使うものなので、サービス内容を比較しながら選んでみてください。

 

店舗で電話を開通させる時の注意点

 

時間と費用の余裕を確認

 

開業するとなると、開店までの作業は多岐にわたるため、固定電話のことにまで気が回らなくなってしまいがちです。

 

電話を開通させるには工事が必要になる場合も多いので、申し込むのが遅くなってしまうと開店に間に合わなくなってしまう恐れがあります。

 

電話が使用できないとなると、予約が受けられなくなるので集客の面で大きな支障が出てしまう可能性もあります。

 

飲食店の場合はテイクアウトやデリバリーも実施するとなると、注文が受けられないことも経営の不振に繋がってしまいます。

 

そのため、開店までの時間を確認しながら申込を優先させましょう。

 

時間は、20分程度で終わります。

 

インターネットとあわせて

 

通信手段を準備する際、固定電話の回線開通と同時にインターネット回線の利用も検討する場合が多いです。

 

最初はインターネットによる集客を視野に入れていない場合であっても、インターネット回線は開通させておきましょう。

 

はじめの必要性でも書きましたが、インターネットの環境があることで利便性が増えます。

 

そして、電話回線とインターネット回線は、工事や契約を同時にできるため、一括して行えると時間と手間が省けるのであわせて行うのがよいでしょう。

 

インターネット回線を設置したら

 

インターネット回線を設置したら、まずはお店のホームページを作成していきましょう。

 

ホームページがあると言うことは、お店の信頼度を高めることができる重要な要素にもなってきます。

 

今は、写真さえあれば自身でも無料で作成できます。

 

信頼度を高める以外にも、無料でお店の宣伝をすることもできます。

 

飲食店の場合はメニューの画像であったり、値段が載っていることで、お客さんも安心して来店しやすくなることでしょう。

 

ネイルサロンや美容院でもインターネット上でデザインや値段がわかるのはとても大切になってきます。

 

そして、SNSよりもホームページの方がメニューの一覧などが見やすくなります。

 

はじめてホームページを作る場合は、ついついページ数を増やしてしまいたくもなります。

 

ページ数が多いと見るのが面倒になってしまうこともあるため、必要最低限のページ数で見やすいものを作るとよいです。

 

まとめ

 

情報化社会である現在、お店の開業や運営において、安定した通信環境が大切になってきます。

 

インターネット回線はもちろん、固定電話も必要不可欠といわれる存在となっています。

 

どちらも前もって準備しておくことで、顧客とのスムーズなコミュニケーションや多様なツールの活用が可能となります。

 

店舗の契約が終わりしだい、インターネット回線や電話の申込に着手することをオススメします。

 

今回は、インターネット回線や電話回線において、最も良いとされる光回線についてお話しさせていただきましたが、少しでも興味を持って下さった方や、何か気になる点などございましたら、お気軽にご相談ください。