光回線の契約を見直すポイント|今より快適なネット環境に!

光 回線 見直し

長期間同じプランで光回線を契約していると、毎月の料金や回線速度において気になる点が出てくることがあると思います。

 

光回線を契約すると月々の料金がかかるので、毎月の出費を少しでも下げたいところですよね。

 

近年では、光コラボやスマホなどとのセット割といったサービスも増えていて、価格競争が起きています。

 

しかし、安さだけで他の光回線にすぐに飛びついてしまうと思わぬ失敗をする恐れがあります。

 

ライフスタイルやインターネットの使い方によって、ベストな契約内容は人それぞれ違います。

 

そこでこの記事では、光回線を見直すべきポイントと、乗り換え先の選び方について解説します。

 

この記事を書いた人

山本 薫

通信業界歴、約20年。豊富な知識と経験を生かし、その人に合わせたベストなインターネットライフの提案から構築までを得意としています。 回線選びは失敗続きだった自身の過去を「お客さまには同じ経験をさせたくない」との思いから、光回線のコンサルティング業に従事。 法人:ビジネスフォンやOA機器、ネットワーク等 個人:携帯電話や光回線の営業等

光回線の見直しをするべきタイミング

 

現在契約している光回線の毎月の料金が高い、速度が遅いなどと不満を感じている方は、光回線の見直しを検討するタイミングかもしれません。

 

ここでは光回線の見直しをするべきタイミングを1つずつ、解説していきます。

 

契約中の光回線で期待通りの速度が出ない

 

一般的な光回線の通信速度は、下り最大1Gbps。

 

光ファイバーは距離による品質の劣化がないため、ポケットWi-FiなどのモバイルWi-Fiルーター(無線接続)よりも速いのが特徴です。

 

もっとも下り最大1Gbpsという数値はベストエフォート値ですので、厳しい条件がそろわない限り実際にこの速度が出ることはありません。

 

しかし、回線によってはベストエフォート値であることを差し引いても通信速度が遅い場合があります。

 

日々のデータのダウンロードやアップロード作業をする際に不満を感じているのでしたら、回線の見直しを検討するのが良いでしょう。

 

インターネット通信が安定しない

 

光回線が安定しない理由の1つに、回線が混雑していることがあげられます。

 

特に、大手の回線は利用者が多く、夜間や土日など多くの人がインターネットを利用する時間帯に繋がりにくくなることがあるので注意が必要です。

 

使いたい時間帯に不便を感じている方も、回線の見直しを検討しましょう。

 

毎月の利用料金が高い

 

インターネット料金の内訳は、大きく3つに分けられます。

 

・回線料金

・プロバイダ料金

・工事費用

 

回線料金の中にプロバイダ料金が含まれている場合もありますが、中にはプロバイダ料金が別途必要な回線もありますので、契約している回線がどちらのタイプなのかを確認しましょう。

 

また、開通のための工事費用は、開通後に分割請求されるケースがほとんどです。

 

毎月の利用料金の内訳を確認し、何の費用で月々の支払料金が高くなっているのかを把握することで見直すべきポイントがわかります。

 

失敗しない光回線の選び方

 

光回線の乗り換えを検討する際には、様々な回線を比較することになります。

 

その際に注意すべきポイントをご紹介します。

 

通信速度が速く安定している

 

一般的な光回線の回線速度は下り最大1Gbpsですが、同じ光回線でも提供している会社によって速度が異なります。

 

中には下り1Gbps以上の速度が出る光回線もあります。

 

快適なインターネット通信を行いたいのでしたら、より速い回線を選ぶと良いでしょう。

 

ただし、注意したいのが、通信速度はネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。

 

よって使用する個々の端末機器までの通信速度を示すものではありません。

 

速度は、ご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。

 

IPv6・IPoE に対応している回線を選ぶ

 

速度の安定性という観点から、次世代の通信規格であるIPv6・IPoEに対応した光回線を選ぶことも重要です。

 

現在はIPv4が主流ですが、徐々にIPv6への移行が始まっています。

 

今後のことを考慮し、IPv6に対応した回線を選びましょう。

 

毎月の料金が安い

 

少しでも通信コストを抑えたい方は、月額料金が安い回線を選ぶようにしましょう。

 

光回線の料金は月額5,000円〜6,000円を目安とするとよいでしょう。

 

この基準内に収まる回線を選ぶことをおすすめします。

 

ただし、回線によっては、このほかに数百円〜1,000円程度のプロバイダ料金が追加されることもありますので、その点のチェックも忘れずしておきましょう。

 

工事費用が無料(または実質無料)

 

新しく別の光回線を利用する際は、新たに開通工事が必要です。

 

工事費用は回線によって異なりますが、一般的には分割された工事費用が月々の支払いに加算されます。

 

その分、月額の支払い額が高くなってしまいますが、中には工事費用が無料もしくは実質無料になる回線もありますので、少しでもコストを抑えたい方は、そういった回線を選ぶとよいでしょう。

 

契約時の特典の有無

 

光回線の乗り換えを検討する際は、キャッシュバックなどの特典内容についてもチェックしてください。

 

同時に、特典を受けるための条件についても確認しておきましょう。

 

いくら高額なキャッシュバックがもらえたとしても、特典を受けるために不要なオプションに加入しなければいけないプランはお得とは言えません。

 

光回線の料金を安くするポイント

 

光回線の料金を安くするには、「契約中の光回線の契約内容を見直す」「プロバイダだけ変更する」「他社の光回線に乗り換える」という3つの方法があります。

 

それぞれの方法を1つずつ解説していきます。

 

契約中の光回線の契約内容を見直す

 

まずは現在契約している光回線を変えずに安くできないかを考えましょう。

 

なぜ乗り換えを検討する前に今の光回線の見直しをするかというと理由は3つあります。

 

  • 切り替えの際に違約金がかかる恐れがある
  • 切り替えると長い期間縛りがある恐れがある
  • 工事費などが余計にかかる恐れがある

 

目先のキャッシュバックや割引目当てで別の会社やサービスに乗り変えてしまうと、意外に高くなってしまったり、やめたい時に解約できなくなる可能性があるため注意が必要です。

 

しかし中には、他社違約金負担や工事費キャッシュバックなどのキャンペーンを行っている事業者もあるため、有効活用しましょう。

 

オプションを外す

 

光回線を契約した際にキャッシュバックの条件としてオプションに入ることを言われた方もいらっしゃると思います。

 

1つ数百円のオプションでも複数のオプションを追加していくと数千円になります。

 

そのため、一度料金の明細を確認して使っていないものがあれば解約をしましょう。

 

例えば、利用者の多いフレッツ光では、以下のような余分なオプションをつけている方が多いかと思います。

 

インターネットの加入時に加入したオプションを使わなくなっても延々とお金を払っているケースは多いです。

 

また、プロバイダにもオプションがあることが多いので、プロバイダの明細もしっかりと確認した上で不要なオプションは外すことをおすすめします。

 

プランを見直す

 

今の光回線を継続しながら、プランを変更することで月々の支払いが安くなることがあります。

 

よく料金が安くなるケースが多いのが、「光回線と電話回線をまとめる」パターンです。

 

以前は、インターネットの電話回線は不安定であることや、停電が起きたら使えないなどの理由でひかり電話はあまり好まれませんでした。

 

ただ、今は通話も安定して、携帯電話の普及で停電時も電話ができることなどからひかり電話を使う方は非常に増えています。

 

固定電話にアナログの電話回線を使っている方は光回線と電話回線をまとめてあげると料金を大幅に引き下げられる可能性が高いです。

 

プロバイダだけ変更する

 

光回線自体を変えなくても、プロバイダだけ変えることも一つの手段です。

 

プロバイダは1,100円(税込)前後のものが多いですが、例えば「BBエキサイト」のプロバイダであれば550円(税込)、キャンペーン期間は330円(税込)でプロバイダを提供してくれます。

 

速度よりも料金を重視する方は乗り換えを検討しましょう。

 

ただし、プロバイダには違約金がかかることが多いため、ご利用のプロバイダの違約金などと月額を比較して乗り換えを検討しましょう。

 

また、プロバイダによって速度の安定性が変わることもよくあります。

 

ただし、これはお住まいのエリアなどによっても大きく変わりますので、一概にどこのプロバイダが良いとは言いにくいです。

 

どうしても気になる方は「Radishみんなの測定結果」と呼ばれる、速度計測を報告し合う掲示板がありますので、そこで近くに住んでいる方の情報を参考にしながら乗り換えを検討しましょう。

 

他社の光回線に乗り換える

 

料金体系が異なる他社の光回線に乗り換えることで大幅に料金を下げられる可能性があります。

 

ただし、料金の安い会社に乗り換える際に注意しなければならないのが、「今使っているサービス」と「乗り換え後のサービス」それぞれの違約金です。

 

とくに、インターネットの場合は工事費などを解約時に一括で請求される可能性も高いので、よく確認をしましょう。

 

残額などが分からなければ、事前に電話で問い合わせて確認しましょう。

 

中には違約金を全額返金してくれる会社もあるので事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

光回線の乗り換え先を選ぶポイントはこちらで解説しています。

光回線の乗り換え手順と注意点を解説|乗り換え先を選ぶポイントは?

 

まとめ

 

今使っている光回線に不満がある方は一度見直してみることをおすすめします。

 

しかし目先の料金の安さだけに飛びついてしまうと違約金などで今よりも高いお金を支払うことになる場合があるので注意が必要です。

 

今回お伝えした光回線を選ぶポイントを意識して、ベストな回線を見つけてくださいね。

 

インターネット回線を検討中の方や光回線選びでお悩みの方は、当社までお気軽にご連絡ください。