引っ越し時の光回線の手続きは必要?継続か乗り換えかを選ぶポイント

光回線 引っ越し

引っ越しするにあたり、インターネット関連の手続きは複雑に感じ面倒だと思う方が多いようです。

 

同じ光回線を継続して使う場合、解約して引越し先で新規に契約する場合、それぞれにメリットがあり手続きも異なります。

 

そこで今回は、引っ越しの際に必要なインターネットの手続きについて、継続利用、新規契約など、パターン別に手続きの流れや注意点を解説します。

 

この記事を書いた人

山本 薫

通信業界歴、約20年。豊富な知識と経験を生かし、その人に合わせたベストなインターネットライフの提案から構築までを得意としています。 回線選びは失敗続きだった自身の過去を「お客さまには同じ経験をさせたくない」との思いから、光回線のコンサルティング業に従事。 法人:ビジネスフォンやOA機器、ネットワーク等 個人:携帯電話や光回線の営業等

引っ越しの際に契約している光回線はどうすればいいの?

 

引っ越しをする場合、利用している光回線はどうなるのでしょうか。

 

引越し先でも同じ回線が使えるのかどうかなど、ケース別に見ていきましょう。

 

継続利用を検討している場合、通常時期は2週間~1ヶ月前、繁忙期の混み合う時期は1~2カ月前には連絡をしましょう。

 

解約については、契約した会社によって当日の日割りで受け付けてくれる場合もあれば、2週間前からしか受け付けてくれない場合もあります。

 

また契約した会社ごとに締め日も異なるため、事前に確認することをオススメします。

 

新規契約については、継続利用と同等の日数がかりますし、契約先がどういう状況かによっても変わってきます。

 

とくに、戸建ての新築は遅くなることが多いため、2~3カ月以上前からの申込が必要です。

 

自分で調べてやると回線が利用できるかどうかの確認にも時間がかかります。

 

もし、希望していた回線が利用できなかった場合、契約する回線事業者や場合によってはプロバイダーのプランを見直さなければいけない可能性もあります。

 

マンション設備が導入されていない集合住宅なども、お申込みする回線によっては3カ月以上前からお申込みいただいた方がよい場合もありますので、信頼できる代理店や契約中また検討している業者へ事前に確認しておきましょう。

 

引越し先でも継続できるケース

 

光回線の引越しは、移転工事が必要になるケースが多いです。中には無派遣工事といって工事不要な場合もありますが、基本的に派遣工事が多いのが実情です。

 

継続利用の工事は、契約している光回線によって無料になる場合や割引になる場合もあるので確認しておきましょう。

 

また、引越し先が集合住宅で壁に穴をあける工事となる場合は、管理組合や大家さんへ必ず許可を取りましょう。 許可を取らないと工事をしてくれない場合が多いです。

 

許可を取らず、外壁に穴をあけたりビス止めなどを行うと、損害賠償などトラブルの原因にもなりますので必ず許可をとりましょう。

 

契約中の光回線を引っ越し希望する場合は、まずは現在利用している会社に問い合わせてみてください。

 

継続できないケース

 

継続できないケースですが、引越し先の住所と建物の設備や構造が大きくかかわってきます。

 

まずは住所についてですが、現在利用中の回線が引越し先で利用できるエリア内か、利用できないエリア外なのかがもっとも重要なポイントです。

 

どれだけよいサービスでエリアが全国でも、お住いの地域がエリア外であれば利用できません。

 

続いて、戸建て住宅でも持ち家なのか借家なのかによって変わります。

 

持ち家の場合でも、道路が狭く工事車両が入れない地域や道路から奥まっている所に家を建てると工事ができない場合もあるため注意が必要です。

 

また、借家については、管理会社や大家さんの許可が必要となってきます。

 

許可が下りる条件で、図面の提出が必要になるケースが多いため、その際は現地調査を依頼する必要があります。

 

許可がおりないと工事が出来ませんので、借りる際にあらかじめ確認しておくことをオススメします。

 

集合住宅の場合は、インターネットの設備が導入されている物件、または申し込むお部屋の階層によって変わってきます。

 

インターネットの設備が導入されていれば、別の記事でも書いたように配管や設備の不良を除けば継続してインターネットが利用できる可能性が高くなります。

 

インターネットの設備が導入されていない物件に関しては、物理的に光ファイバーが宅内に引き込めるのかが重要となってきます。

 

基本的には、設備が導入されていない場合はファミリータイプの工事です。

 

物件によっては、光回線などの設備が使えるよう空配管を作っている場合もありますが、無い場合は、エアコンのダクトなどを利用します。

 

エアコンのダクトなどお部屋に引き込む穴や設備が無いまたは利用できない場合は、穴をあける必要があるため工事ができない可能性も高くなります。

 

また、玄関の扉のスキマを利用したスキマ配線工事もありますが、断線トラブルがあるためあまり行いません。

 

4階以上の階層で光ファイバーを直接引き込む場合は、電柱より上にある階層での申込となるため工事が出来ない可能性が高くなります。

 

物件が坂道の途中にあり、電柱が4階の窓側にある場合は引ける可能性もありますので、状況によって異なります。

 

3階までなら回線工事ができる可能性も高くなりますが、実際に工事ができるかどうかは複雑な状況が絡んでいるため申込後に調査や工事を行ってみないとわかりません。

 

まとめますと、

■エリア外

■借家でも光回線工事の許可がおりない物件

■インターネットの設備が導入されていても設備や配管不良の物件

■インターネットの設備が導入されていない集合住宅で、4階以上の階層や物理的に光ファイバーが宅内に引き込めない物件

 

に関して、継続が出来ないため注意が必要です。

 

光回線が引っ越し可能かは契約している回線による

 

契約している回線によっては、家の引っ越しとともに光回線も引っ越し(移転)を行います。

 

ただし、光回線には全国展開しているサービスと地域限定のサービスがあります。

 

地域限定の光回線を利用中にエリア外へ引っ越す場合は、継続できないため解約して新たに別の光回線を契約しなければいけません。

 

地域限定の光回線ですが、関西のeo光、中部のコミュファ光、JCOMなどのCATV各社があげられます。

 

フレッツ光などのように全国展開している光回線サービスを利用している場合は、引っ越し(移転)を出来る可能がぐっとあがります。

 

エリア内で引っ越しをする移転手続きは、以下の流れで行います。

 

①契約中回線の公式サイトか電話で申し込む

②必要書類が届く

③希望日に引っ越し先で開通工事

※ファミリータイプの契約などは撤去工事を行ってから引っ越し先で開通工事を行う場合もあります。

 

移転申し込みの際に必要な情報は

 

・契約者情報(氏名・電話番号・引越し前の住所)

・利用中の固定電話番号(固定電話番号を持っている場合に限り)

・移転先住所(集合住宅や戸建に関する情報など)

・引越し予定日、工事希望日

 

です。

 

移転手続きは、キャンペーンなど行っていれば新規開通工事よりも費用が安く済ませられる場合もあります。

※ただし、新規開通工事もキャンーンにより費用が安くなる場合が多いため、状況により変わります。

 

ただ、これはあくまでもエリア内の話になります。

 

フレッツ光のように全国展開しているサービスでも、NTT東日本と西日本で管轄の会社が異なる場合があります。

 

東日本エリアと西日本エリアを跨いで引っ越す場合は、移転手続きではなく解約しなければいけないので注意が必要です。

 

ただし、光コラボレーションにてフレッツ回線を利用している場合は、契約している会社やプランによっては、移転が出来る場合もあります。

 

引っ越し先によっては回線工事が不要になるケースも

 

引っ越し先の設備によっては、回線工事が不要になる場合もあります。

 

これは無派遣工事といって、集合住宅において前の入居者が使用していたとNTT側で判断できると、工事担当が伺わなくても郵送されてきた機器を説明書通りに設置すれば、インターネットやWi-Fiが利用できる工事のことを言います。

 

また、無派遣工事のメリットとしては、

・工事担当者は訪問する必要が無いため、工事時期が格段に早くなること

・費用は2,200円(税込み)で工事ができるため、通常の工事費よりも安くなる

 

ことがあげられます。

 

ただし、戸建てやインターネット設備が導入されていない物件は、基本的に派遣工事となります。

 

しかし、無派遣工事には注意をしなければならないポイントがあります。

 

NTT側で無派遣工事と判定されていても、部屋に光コンセント(光配線方式の場合)またはモジュラージャック(VDSL方式の場合)などの設備が無いと機器と光回線を接続することができず、派遣工事で再度やりなおす必要があります。

 

こうなると、工事日の再取得が必要となるため、インターネットの使える日が派遣工事で最初からおこなうよりも遅くなってしまいます。

 

また、中には設備が壊れて接続できないケースも相当数経験してきていますので、確実に工事を行いたい場合は派遣工事をオススメです。

 

継続の手続きと注意点

 

引っ越しの際の光回線手続きにおいての注意点をお伝えします。

 

インターネットを利用できない期間が発生する可能性がある

 

工事を伴う場合は、混雑状況によっては工事日が遅れてしまい引越し日にインターネットの利用をできない可能性があります。

 

移転や新規申し込みの場合でも、引っ越し先での工事が必要になるときはなるべく余裕を持って早めに申し込みをしておきましょう。

 

それでも利用できない期間が生じてしまう場合には、一時的にスマートフォンのテザリングという機能を利用するか、モバイルWi-Fiルーターのレンタル業者から借りて、パソコンやスマホ・タブレットなどでインターネットを利用する方法があります。

 

ただ、データ容量を越えると使えなくなってしまう契約内容もあるので、一時的な対処法として見ておくのがよいでしょう。

 

引っ越し先で回線工事・設置工事の立会いが必要な場合も

 

引っ越し先での回線工事や設置工事をする場合は、基本的に立会いが必要です。

 

ビルや戸建て、設備が導入されていない集合住宅の場合は、工事にかかる時間は1~2時間を見ておいたらよいでしょう。

 

また、インターネットの設備が導入されている集合住宅であれば、30分~1時間程度で終わります。

 

継続した場合に引っ越し先では快適に利用できない可能性がある

 

回線・プロバイダーともに移転工事で継続できた場合でも、引っ越し先では今まで利用していたインターネットのスピードが出ないこともあります。

 

また、夜間の特定の時間帯や休日になると急に速度が落ちるなど安定性に欠けるパターンもあります。

 

これらの原因は、お住いのエリア、導入されている設備の違い(光配線やVDSL等)、機器の経年劣化など複数の原因により、スピードや安定性に影響することがあります。

 

ただし、IPv6(IPoE)という接続方式を利用できるサービスでかつ、対応機器を持っている場合は、快適にインターネットを使える可能性が高くなります。

 

引っ越し先でインターネットの通信速度にこだわりたい場合は、IPv6(IPoE)が利用できるかどうかという点も確認しておきましょう。

 

引っ越しを機に光回線を乗り換えるとお得になるケース

 

引越し手続きをする際、これまで利用していた光回線を継続するのではなく、解約して新規に他社サービスへ乗り換えたほうがお得な場合もあります。 

 

ここからは、光回線の乗り換えがお得になるケースを紹介します。

 

キャンペーン利用でお得に乗り換え

 

多くの光回線業者は、新規の契約者向けのキャンペーンが充実しています。

 

キャンペーン内容によっては、既存回線の解約金を支払ってでも、新規に乗り換えたほうがお得になるケースが多いです。 

 

キャンペーンには、キャッシュバックや回線の工事費無料、月額利用料の割引、現在使っている回線の解約金を負担してもらえるものなどがあります。

 

新規も継続も手間は変わらない

 

既存の回線を継続して使用する場合でも、新規に契約する場合でも、実はあまり手間は変わりません。

 

継続する場合は、契約中の会社に連絡をして引越し手続きを行います。

 

使用している機器の対応方法などの案内があるため、指示された通りに対応しましょう。

(現在利用しているレンタルの機器(ONUやHGW等)は引っ越し先で同じものは使用できません。)

 

引越し先で、新たに派遣工事や無派遣工事を行います。

 

派遣工事の場合は業者が機器を持ってきますし、無派遣の場合は郵送されてきます。

 

その機器を使い、工事完了後にインターネットの利用ができます。

 

解約して新規契約する場合は、新規で引っ越し先の契約を行います。

 

続いて、現在契約中の会社に連絡をして解約手続きを行います。

 

後は、上記の内容と変わりません。

 

同じく手間がかかるのであれば、新規で契約してキャッシュバックや特典を受けた方がお得だと言えるでしょう。

 

また、乗り換えた方が安くなる場合や現在の環境(スピードや料金)に不満がある場合は、なおさら変えることをオススメします。

 

乗り換え先の選び方

 

ここからは、乗り換え先の光回線を選ぶ際のポイントについて紹介していきます。

 

光回線の乗り換え先選びで重要となるのが、以下の4つのポイントです。

 

・今よりも同じ金額か、もしくは安くなるか?

・今よりも通信速度が速くなるか?

・乗り換え時の特典・キャンペーン内容

・スマホとのセット割の有無

 

乗り換え先選びにお悩みの方は、当社にお問い合わせください。

 

お客様に最適な光回線をご提案します。

 

 

今よりも安くなるか?

 

手間をかけてせっかく乗り換えるのであれば、今より少しでも安くなる光回線を選ぶのもポイントです。

 

値段よりも通信速度の速さを重要としている場合は別ですが、同じくらいの使い心地ならば安くなった方がよいでしょう。

 

ただし、安かろう悪かろうという言葉もあるくらい、安い=サービスや質がよくない場合もあります。

 

また、最近の流行をみていると実質〇〇円と実際に利用できる金額とは異なる内容を書いて安く見せているサイトも多くあります。

 

光回線は、どこで申込しても提供している会社は同じなので、特別に安くなることはありませんので注意が必要です。

 

今よりも通信速度が速くなるか?

 

利用中の光回線に対し通信速度の遅さに不満を感じている場合は、乗り換えることによって通信速度が速くなることもポイントとしましょう。

 

ただし、通信速度について、ユーザーは最近過度なスピードを求める傾向があります。

 

おそらく、アフィリエイトや情報サイトによる影響だと推測されますが、実際にそこまでのスピードは不要な場合もあります。

 

インターネットの速度表記は光回線・モバイル回線ともにベストエフォート型のサービスですので、最大速度1Gbpsと記載されていても1Gbpsは100%でないと言い切れます。

 

ちなみに、ベストエフォート型とは、「最大限努力する」といった意味で技術規格上の理論値となり、実際の速度を保証するものでありません。

 

また、設備状況や宅内の環境、使用する機器などのスペックにも大きく影響します。

 

たとえば、5年程度使用しているWi-Fiルーターやパソコンなどを使用すれば、必然とインターネットの速度も遅くなるのは考慮すべきポイントです。

 

実際にどれくらいのスピードが必要なのかは、また別の記事で書きたいと思います。

 

スマホとのセット割の有無

 

料金面を比較する際は、利用しているスマホや携帯料金とのセット割プランが用意されているかどうかもポイントとなります。

 

利用しているスマートフォンのプランによってはセット割で受けられる金額が異なりますので、実はセット割にしてもお得にならないケースがあります。

 

セット割が利用できる主なスマートフォンのキャリアは下記となります。

 

・docomo

・au

・ソフトバンク

・UQmobile

・Ymobile

※その他一部の格安SIMもセット割に対応している場合があります。

 

最近の傾向として、三大キャリアの新料金プランや格安SIMなどでスマートフォンを使用する方も増えてきました。

 

その場合は、回線と切り離して選ぶのがよいでしょう。

 

乗り換え時の特典・キャンペーン内容

 

加入時の各種特典やキャンペーン内容によっては、仮に解約違約金などがかかったとしてもキャッシュバックなどで相殺することが可能になるキャンペーンもあります。

 

違約金が高い場合には、乗り換えしやすい特典です。

 

さらに、割引やキャッシュバックが受けられるキャンペーンなどもあるのが新規契約のメリットでしょう。

 

光回線乗り換え手続きの流れ

 

乗り換えの大まかな流れとしては以下となります。

 

①乗り換え先の回線契約の申し込みを行う

② 現在使用しているインターネットの会社に解約の連絡をする

※ただし「フレッツ光」等の「光回線事業者と別でプロバイダを契約」している場合は両社に連絡をする必要がございます。

③ 撤去工事日および開通工事日を決める

④必要な場合はレンタル機器の返却や、撤去工事を行う。

※契約状況により異なりますので、解約時の案内に従ってください。

⑤引越し先の開通工事を行う

⑥光回線が開通

※④~⑥の順番は、状況によって入れ替わります。

 

レンタル機器は返却しないといけない?

 

乗り換えの場合、現在使っている光回線の機器は引越し先で使用できません。

 

そのため、機器の撤去や返却をする必要があります。

 

撤去工事に来た作業員に機器を渡すか、工事がない場合は郵送で返却することになります。

 

返却が遅れると機器代が請求されることもありますので、早めに返却しましょう。

 

なお、返却方法は会社によって異なります。

 

光回線を乗り換える際の注意点

 

正しく選ぶとメリットが大きい光回線の乗り換えですが、注意点もあります。

 

気をつけるべき点を押さえておかないと、損をしてしまうこともあるのでしっかり確認しておきましょう。

 

光回線を乗り換える際のポイントや、乗り換える前の確認事項についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

光回線の乗り換え手順と注意点を解説|乗り換え先を選ぶポイントは?

 

タイミング次第で解約の違約金がかかる

 

多くの光回線には、「特定の契約期間を設定することで割引になる契約」があります。

 

設定された期間の前後に解約すると違約金が発生する仕組みになっており、契約期間は一般的に、2~3年間の自動更新を定められています。

 

では、違約金の発生しない時期はいつかというと、契約更新月の前後1~3ヶ月を設けられていることが多いです。

 

更新月以外に解約すると違約金が発生します。

 

解約違約金を支払いたくない場合は、電話問合せプロバイダーサイトのマイページで更新月のタイミングを確認しておきましょう。

 

もし、短期の契約を想定している場合は、特定の契約期間を設けない方が結果的に費用を抑えられるケースもあります。

 

引越し先が対応可能かの確認

 

光回線は、業者によって対応可能エリアが異なります。

 

そのため、引越し先が光回線事業者の対応可能エリア内かどうかは、必ず確認をしておかなくてはなりません。

 

対応可能エリアに該当する場合、契約する回線はある程度自由に選択できます。

 

しかし、マンション・アパートなどの集合住宅に付いている設備によっては、導入できない回線もあるので利用できる回線の種類を必ず事前に確認しておきましょう。

 

メールアドレスや電話番号が使えなくなる

 

フレッツ回線やコラボ回線での話ですが、現在利用中の光回線で「ひかり電話」を利用している場合、その電話番号は引っ越し移転先で使用できなくなる場合がほとんどです。

 

条件としては、NTTの同じ局舎内での移転であれば引継ぎ可能ですが、近隣エリアに限りますのでほとんどのケースで変わってしまいます。

 

auひかりや電力系光などは、引越しを行うと基本的に変わる傾向です。

 

ただし、アナログ戻しという方法が使用できれば、引越し先でも使用できる可能性があります。

 

アナログ回線やISDN回線で過去に電話番号を発番しているのが条件で、auひかりや電力系光のひかり電話番号をアナログ回線にいったん戻します。

 

そして、その電話番号を移転先で使用する手続きをおこない、使用可能と判定がでれば引越し先で使用ができます。

 

ただし、アナログに戻す費用や引越し移転費用、新たに移転先への設置工事費などが発生しますので、重要な番号かどうか十分に検討しましょう。

 

普段そこまで使っていなければ、変えてしまった方が金銭的にも時間的にもオススメです。

 

また、今まで使用していたメールアドレスも、光回線の乗り換えとともにプロバイダーを変更した場合、使用不可になってしまいます。

 

その場合は、乗り換え先の回線で発行された新しいメールアドレスを使用するか、別途料金を支払い「メールアドレスを残すオプション」を契約し使用を続けるか選ぶ必要があります。

 

ただし、これはプロバイダーが付与したメールアドレスに限りますし、メールアドレスのみ使用するプランを提供していないプロバイダもあります。

 

現在多くの人は、GoogleのGmailやYahoo!のYahoo!メールなどのフリーメールを使用しています。

 

インターネットに繋がって入れさえすれば継続して利用できますので、心配する必要はありません。

 

最近は、プロバイダーメールからフリーメールへ変更される方も多くなってきています。

 

テレビサービスが利用できなくなる

 

光回線のオプションでテレビサービス(地デジやBSなど)を利用している場合、回線の解約日以降は使えなくなります。

 

乗り換え先でもアンテナが無い戸建て物件の場合は、テレビサービスを忘れず申し込みましょう。

 

とくに、新築戸建などでインターネットの申込が遅いとインターネットが開通するのも遅くなり、テレビがしばらく見れないなどのトラブルが多いので注意が必要です。

 

新築購入と合わせて、インターネットもすぐに契約することをオススメします。

 

開通時の工事費用が一括請求される

 

光回線の乗り換え時には、今まで使用していた回線の「工事費残債」が無いか確認をしておきましょう。

 

工事費無料などの加入キャンペーンで申込をされていない場合、光回線を自宅に引いたとき工事費を一括か分割で支払っています。

 

※工事費【実質】無料などのキャンペーンは、定められた期間を使用しないと解約時に残債分を支払う必要があるキャンペーンもあるため確認をしておきましょう。

 

分割にて工事費をすべて支払い終えていない状態で乗り換えた場合、残りの工事費を一括で支払う必要があります。

 

まとめ

 

光回線は状況によって継続したほうがよい場合と、乗り換えたほうがよい場合があります。

 

自分の場合、どちらがお得なのかしっかりと吟味してから決めることが重要です。

 

インターネット回線を検討中の方や光回線選びでお悩みの方は、当社までお気軽にご連絡ください。