通信費を節約する方法|スマホやインターネット代を今よりお得に

通信費 節約

毎月の通信費を節約したいけれど何から手をつけたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

通信費は複雑な契約になっていることが多く、難しく考えてしまいがちです。

 

しかし、通信費は光熱費や食費の節約と違い、一度見直しをすれば簡単に節約できるというのが特徴です。

 

この機会に、今使っている通信費を見直して節約しませんか?

 

この記事では、通信費を節約する方法を詳しく紹介します。

 

この記事を書いた人

山本 薫

通信業界歴、約20年。豊富な知識と経験を生かし、その人に合わせたベストなインターネットライフの提案から構築までを得意としています。 回線選びは失敗続きだった自身の過去を「お客さまには同じ経験をさせたくない」との思いから、光回線のコンサルティング業に従事。 法人:ビジネスフォンやOA機器、ネットワーク等 個人:携帯電話や光回線の営業等

家庭でかかる通信費は主に2つ

 

家庭でかかる通信費の中でも大部分を占めるのが、

 

  • スマホ通信料
  • インターネット回線の利用料金

 

の2つです。

 

これらに加えて、固定電話を利用している場合は固定電話の利用料金が発生します。

 

スマホ代の節約

 

スマホ代だけで毎月1万円以上支払っているという方も多いのではないでしょうか?

 

スマホ代は通信費の中でも大部分を占めるため、しっかり節約すれば大きな効果が期待できます。

 

とくに世帯で複数のスマホを契約している場合は、その台数分を節約できるので大幅に支払い額を減らすことができるでしょう。

 

最近はスマホ関連の各社がお得なプランを展開しているため、自分に合ったプランを選択することが大切です。

 

スマホの料金を節約する方法を5つ紹介します。

 

料金プランを見直す

 

現在契約しているキャリアから他のキャリアへ乗り換えずに料金を安くしたい方は、料金プランの見直しをしましょう。

 

スマホのプランには、「使い放題プラン」や「使った分だけ料金が発生するプラン」「データ容量が決まっている定額プラン」などさまざまなプランがあります。

 

数あるプランの中から、自分が使うデータ通信量やサービスに合ったプランを選ぶことが大切です。

 

まずは自分が月にどのくらいデータを使っているか確認しましょう。

 

合わせて確認したいのが通話料金です。

 

電話をほとんどしないのに、通話料金が含まれたプランに入っていて無駄にしているという人がよくいます。

 

そして、見落としがちなのがオプション料金です。

 

スマホ契約時にキャンペーンを利用すると、オプションの加入が必要になる場合があります。

 

不要なオプションをそのままにしておくと、自動的に継続になり無駄な支払いが発生して勿体ないです。

 

改めて、要らないオプションが付いていないか確認しましょう。

 

Wi-Fiを活用してデータ容量を節約する

 

スマホを利用する時間が長い方は、Wi-Fiを活用しましょう。

 

通信制限を避けるために、使い放題プランにすることもできますが、大手キャリアの使い放題プランは月額7,000円以上と高額です。

 

Wi-Fiがある環境でスマホを使う時間が多い方は、使い放題プランを契約する必要がなくなり、低価格プランへ変更してスマホ料金を節約することができます。

 

使い放題プランを契約している方は、Wi-Fiを活用することを前提としたプラン変更を検討してみてください。

 

通話アプリを活用して通話料を節約する

 

通話料が多くかかっている方は、LINEやSkypeなどの通話アプリを活用しましょう。

 

通話アプリを使えば、通話料がかからないため節約につながります。

 

ただし、通話アプリで電話する場合、発信側・着信側のどちらにもデータ通信量がかかるので相手に配慮して利用しましょう。

 

格安SIMに乗り換える

 

大手キャリアから格安SIMに乗り換えることが、毎月のスマホ代を大幅に節約する最も効果的な方法です。

 

格安SIMとは、大手キャリアから回線を借りて通信を提供しているサービスです。

 

大手キャリアから回線を借りることで設備費用を削減しているため、低価格でスマホを利用できます。

 

格安SIMは地下鉄などで回線が繋がりにくくなったり、利用者が多い時間帯に回線が混み合って速度が落ちることを気にする方もいますが、速度は落ちてもLINEやメールなどは問題なく利用できることがほとんどです。

 

また、電話番号が変わってしまわないか心配される方もいますが、大手キャリアから切り替えても電話番号はそのまま使用できます。

 

ただし、格安SIMにするとキャリアメールは使えなくなるためフリーメールなどを使う必要があります。

 

大手キャリアに比べると実店舗は少ないですが、格安SIMの普及に伴い最近では実店舗があるキャリアが増えています。

 

格安SIMは購入時の設定やSIMカードの装着などを自分で行う必要があるため難しいというイメージもありますが、店舗があるキャリアでは実際に店員さんに相談して苦労なく乗り換えることができるかと思います。

 

大手キャリアの格安プランへ乗り換える

 

大手キャリアでは2021年から料金が格安の新ブランドの提供を開始しています。

 

ドコモ、KDDI、ソフトバンクからそれぞれahamo、povo、LINEMOといった新ブランドの提供をしています。

 

どのプランも、従来のプランと比べて格安に料金を抑えられます。

 

インターネット代の節約

 

自宅にインターネット回線を引いてる方は、通信会社やプランの見直しをしましょう。

 

光回線の見直しポイントをこちらの記事で詳しく紹介していますので気になる方はご覧ください。

光回線の契約を見直すポイント|今より快適なネット環境に!

 

プロバイダを乗り換える

 

光回線の料金はプロバイダを変えるだけでも安くなる可能性があります。

 

少しでも通信費を安くするためには月額料金の安いプロバイダを選びましょう。

 

スマホとのセット契約

 

ドコモ・ソフトバンク・auのスマホを使っている方は、インターネット回線をドコモ光・ソフトバンク光・auひかりにすることでセット割引が適用されスマホ料金が安くなります。

 

割引額はスマホの契約プランによって異なりますが、家族の台数分が割引対象になるので家族が同じキャリアを使っている場合は大幅な節約になります。

 

不要なオプションを外す

 

光回線を契約する際に、オプションの加入を勧められることがあります。

 

契約内容を確認して、利用していないオプションを付けている場合は外しましょう。

 

モバイルルーターを使う

 

インターネットをそこまで利用する人でなければ、モバイルルーターに切り替えることもおすすめです。

 

一人暮らしの方は、Wi-Fiに接続する人が2人以上の世帯よりも消費するデータ量が少ないためモバイルルーターでも足りる場合があるからです。

 

モバイルルーターは光回線ほどの速度は出ませんが、そこまでの速度を必要としない方には十分利用できます。

 

工事不要で使うことができ、月額料金も安くなる点が魅力です。

 

固定電話代の節約

 

固定電話の契約数は年々減少しています。

 

スマホで電話をする機会が多く、固定電話を使用することが減ったと感じている場合は解約を検討してみてもいいかもしれません。

 

固定電話を解約すると節約にはなりますが、固定電話があることのメリットもあります。

 

固定電話は災害時に強く停電などになってもつながりやすいです。

 

また、仕事などでFAXが必要な方には固定電話があった方がいいでしょう。

 

ひかり電話を利用する

 

固定電話はほしいけれど、節約したいという方にはひかり電話がおすすめです。

 

電話番号もこれまで使用していたものをそのまま使えます。

 

ひかり電話に対応したFAXもあるので、FAXも使用可能です。

 

ただし、停電時には使用できないので、アナログ固定電話の災害時に強いというメリットはなくなります。

 

通信費を節約するときの注意点

 

通信費を節約しようとして、何も調べずに契約を切り替えてしまっては後悔する可能性があるので危険です。

 

通信費を節約しようとした時に注意すべき点をお伝えします。

 

携帯会社を乗り換える時は違約金をチェック

 

携帯会社の契約状況によっては違約金が発生する場合があります。

 

違約金が発生すると、せっかく月額料金が安いキャリアへ乗り換えても、むしろ支払いが多くなってしまう可能性があります。

 

乗り換え前に、契約状況や違約金がかかるかを確認しておきましょう。

 

また、現在使用している端末の代金を分割で支払っている場合、残債がないかも確認しておいてください。

 

端末代金の残債があると、他社に乗り換えた後も引き続き分割で請求されます。

 

まとめ

 

毎月かかる通信費は、使い方やプランを見直しをすれば大きく減らすことができます。

 

スマホやインターネットの契約は複雑になっていることが多く、見直しが面倒ですが、一度見直せば節約効果はずっと続きます。

 

この機会に通信費の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

 

節約方法の中で、インターネットのプラン見直しや乗り換えを紹介しましたが、どれを選べばいいか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

 

インターネット回線を検討中の方や光回線選びでお悩みの方は、当社までお気軽にご連絡ください。

 

光回線のプロがお客様に最適な光回線をご提案します。