FF14のラグや回線落ちの原因と対処法、回線速度の目安

ff14 回線速度

FF14をプレイしているときに、ラグが起きたり回線落ちなどで困ったことはありませんか?

 

オンラインゲームをプレイする上で重要になるのが通信速度とPing値です。

 

今回は、FF14をプレイする際に必要な通信速度・Ping値の目安、ラグや回線落ちの原因と対策をご紹介します。

 

問題点があるユーザーは、このページに書いてある内容を実践し快適にFF14をプレイ出来るようになる事を願うばかりです。

 

この記事を書いた人

山本 薫

通信業界歴、約20年。豊富な知識と経験を生かし、その人に合わせたベストなインターネットライフの提案から構築までを得意としています。 回線選びは失敗続きだった自身の過去を「お客さまには同じ経験をさせたくない」との思いから、光回線のコンサルティング業に従事。 法人:ビジネスフォンやOA機器、ネットワーク等 個人:携帯電話や光回線の営業等

FF14のラグや回線落ちについて

 

FF14ではラグや回線落ちで強制終了などの不具合がよく報告されているようです。

 

これらの不具合は多くの場合、プレイする機器(ゲーム機やPC)やネット回線に原因があると考えられます。

 

ゲーム機やPCに問題があれば買い替えをオススメしますが予算が無い場合は、現在利用しているネット回線の状況の見直しから行うのも良いですね。

 

ちなみに、機器についての動作環境はリンクを掲載します。

 

例えば、プレステでも4の初期型だとかなり古い機種のため不具合がでることもありますし、PCでもCPUやメモリ、ハードディスク容量とグラボはかなり重要です。

 

快適にプレイしたいのであれば、推奨動作環境のさらに上のスペックが好ましいと思います。

 

ファイナルファンタジーXIV(FF14)動作環境

 

FF14に必要な通信速度・Ping値の目安

 

ファイナルファンタジーXIV(FF14)の公式ページには、通信速度やPing値の目安について記載されていません。

 

ただ、ファイナルファンタジーXIV(FF14)のような「MMORPG」では、下記のような目安を挙げられることが多いです。

 

MMORPGの速度・Ping値の目安

通信速度:下り30Mbps以上

Ping値:50ms以下(20ms以下だと快適)

 

FF14のようなMMORPGの場合、実はそこまでインターネットのスピードは必要ありません。

 

しかし、戦闘時やムービーのグラフィックが綺麗なので、その分ハード(機器)の性能は要求されます。

 

設定次第では、スペックが低いハードでも動くようにはなりますが、綺麗なグラフィックを楽しみたいという方は、回線速度やPing値だけでなくグラフィックボードなどにもこだわることをオススメします。

 

このあたりは、別の記事で詳しく解説しています。もし良ければ合わせて読んでみてください。

FPSゲーマー必見!オンラインゲームにおすすめの光回線

 

FF14に必要なデータ量パケット

 

FF14をダウンロード購入する際は、インストール先のドライブに40GB以上の空き容量が必要です。

 

そうなると、最初のダウンロードだけでもかなりの時間を要します。

 

モバイル回線などのデータ通信量制限があるプランだと、パケット量をオーバーして通信制限に引っ掛かってしまうため光回線がベストです。

 

FF14のプレイ環境

 

FF14公式では、推奨環境を「ブロードバンド接続」と表記されています。

 

ブロードバンド=光回線です。

 

それ以外の回線やテザリングなどは動作が遅くなったり、ラグや回線落ちなどの不具合が生じてしまう可能性もあります。

 

よって、光回線でかつ有線接続がオススメとなります。

 

現在の回線速度を調べる方法

 

では、FF14を快適にプレイするために必要なインターネット環境について解説していきます。

 

まず、オンラインゲームで回線の不具合が発生した時に、最初に調べるのはインターネットの回線速度です。

 

しかし、回線速度自体は今回の問題を解決するものではありません。

 

オンラインゲームでやり取りされるデータは、自分や相手キャラクターの位置を表す座標データや、アクションのデータくらいです。

 

これらのデータは数百バイトほどですので、回線速度は10Mbpsくらいあれば足ります。

 

もちろん光回線であれば十分な回線速度が出るので、すでに光回線でプレイしている方は問題ありませんが、モバイル回線やADSLの場合は注意が必要です。

 

所属サーバーのIPアドレスを確認する

 

FF14には複数のサーバーが存在するので、まずは自分が所属しているサーバーのIPアドレスを確認します。

 

例えばサーバーがMANAならIPアドレスは「124.150.157.156」となります。

 

cmd(コマンドプロンプト)からPINGコマンドを確認する

 

IPアドレスが分かったら、次にPINGコマンドを確認します。

 

「cmd」(コマンドプロンプト)から「PING」(ピング)を打つことで現在の回線状況を知ることができます。

 

① cmd(コマンドプロンプト)画面を呼び出す

 

「スタートアップ」メニュー脇の検索窓に「cmd」と打ち込むと「コマンドプロンプト」が表示されるのでクリックして開きます。

 

すると、真っ黒の画面の別ウィンドウが出てきます。

 

これがcmd画面です。

 

②PINGコマンドを打って回線状況を確認する

 

MANAサーバーの場合を例にすると、cmd画面上で「ping 124.150.157.156 -n 10」と打ち込みエンターを押します。

 

すると、以下のように表示されます。

 

124.150.157.156 の ping 統計:

パケット数: 送信 = 10、受信 = 10、損失 = 0 (0% の損失)、

ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):

最小 = 7ms、最大 = 17ms、平均 = 12ms

ここで重要なのは「最大」の数値です。

 

この最小と最大で表示された数値は、サーバーが応答するまでにかかった時間を表しています。

 

単位は「ms(ミリセカンド:ミリ秒)」で表記され、この値が小さければ小さいほど、応答速度が速い(良い回線)だということになります。

 

最小は「10回施行したうち一番応答が速かった時間」なのに対し、最大は「10回試行した中で一番応答が遅かった時間」です。

 

この最大の数字が大きくなればなるほど、ラグや回線落ちなどの不具合が多くなります。

 

FF14公式発表によると、だいたい30ms以下が快適の下限と記載されています。

 

最大値が50~100ms以上かかっているという人は、回線を見直す必要があるということになります。

 

回線が重い原因

 

FF14で回線が不安定になる原因と対処法について紹介します。

 

機器の不具合

 

ネットに繋がっている機器のどれかに不具合が出ると、通信速度が低下します。

 

ネット周辺機器とは、モデム・Wi-Fiルーター・ハブなどの端末のことです。

 

とくに、モデムやWi-Fiルーターなどは365日24時間使い続けているものなので、調子が悪くなります。

 

これらの機器は、再起動することで回線速度やPing値が改善されることもあります。

 

お金もかからず一番簡単ですので、ぜひ試してみてください。

 

通信回線の問題

 

プレイをするハード側(ゲーム機やPC)に問題がなく、モデムやWi-Fiルーターにも問題がなければ、インターネット回線の切り替えを行いましょう。

 

オンラインゲームをする目的で選ぶ場合は、混雑しにくく通信が安定しやすい光回線がベストです。

 

サーバーが混雑している

 

サーバーに接続しているユーザー(同時接続者数)が多すぎると回線が重くなり、エラー落ちやラグ等が発生する可能性があります。

 

混雑しない時間帯にずらすか他のサーバー(ワールド)に変更する等で解決できます。

 

ただしサーバーを変更する場合は、料金が発生してしまう可能性がございますので、ご注意ください。

ホームワールド変更サービス

 

 

プロバイダの通信制限

 

一部のプロバイダはP2P規制をかけています。

 

FF14もP2P通信を含んでいるので、プロバイダの対応によっては速度が遅くなることもあります。

 

パソコンで大容量ファイルのダウンロードを行っている

 

FF14のプレイ中にパソコンで他のブラウザを開いていると、通信速度に影響を与えてしまうことがあります。

 

動画の視聴をしながらゲームをしている方もいますが、FF14と同時に行うと通信速度が低下する可能性があります。

 

そのため、FF14をプレイするときは、ブラウザは閉じるか必要最低限のものだけにすると快適にプレイできる可能性が高くなります。

 

速度を速くする方法

 

オンラインゲームにはいくつもの設定があります。

 

設定を変更することで効果が見られる場合もあります。

 

しかし最も影響が大きいのは通信回線です。

 

ここからは、速度を速くする方法を紹介します。

 

光回線の速度が遅い時の対処法はこちらの記事でも詳しく解説しています。

光回線の速度が夜に遅い原因は?対処法を紹介

 

光回線に乗り換え

 

速度やPing値で悩んでいる人に最も効果的なのはネット回線の切り替えです。

 

オンラインゲームはゲームをプレイするタイトルによって求める速度も変わります。

 

FF14については30Mbps程度あれば快適にプレイできますが、Ping値が低いとゲーム中にラグが発生しやすくなってしまいます。

 

無線(Wi-Fi)ルーターなどのスペックやプレイするハードに問題が無ければ、どの光回線を選んでも問題は無いと思います。

 

そのため、基本的には月額料金がオトクな光回線がオススメです。

 

通信端末(ONU・モデム)等を再起動する

 

一度パソコンやゲーム、ルーターなどの機器の電源を落とし、再起動してみると改善することがあります。

 

ルーターの見直し

 

通信速度はルーターが大きく関係しています。

 

LANケーブルやルーターが使用中の光回線の通信速度に対応していない場合、通信が不安定になることもあります。

 

ルーターのソフトウェアのバージョンが古い場合は更新してみてください。

 

更新やバージョンの確認の仕方は各ルーターで異なるのでメーカーのサイトで確認をしましょう。

 

古い規格のルーターを使っている場合は通信が安定しない場合もあるので、新しくすることをオススメします。

 

合わせて、有線接続に必要なLANケーブルも見直しましょう。

 

LAN接続を切り換える

 

Wi-Fi(無線)で、インターネット接続を行っている場合はLANケーブルで有線接続に切り替えると安定します。

 

しかし、モデムやWi-Fiルーターなどの経路とプレイする機器の場所によってはLANケーブルが配線できない場合もありますよね。

 

その場合は、配線をがんばるかあきらめるしか方法はありません。

 

FF14設定変更

 

パソコンのスペックが推奨環境に達していないと遅くなる原因になります。

 

FF14では「システムコンフィグ」から「グラフィック設定」で画質変更ができます。

 

画質を下げることで画面のカクつきやタイムラグを減らすこともできます。

 

しかし、綺麗な映像と引き換えになりますので、とても難しい問題ですね。

 

IPv6対応の光回線・プロバイダに切り替え

 

回線には「IPv4」と「IPv6」という通信方式があります。

 

従来は「IPv4」が主流でしたが、世界中の急速なインターネットの普及により、IPv4で割り当てられるIPアドレスが不足してしまった問題が発生し、「IPv6」ができました。

 

IPv6接続の方が現時点においては速度が出やすいため、オンラインゲームを快適にプレイしたい場合はIPv6に対応の光回線・プロバイダを選びましょう。

 

また、IPv6については別の記事でも詳しく解説しています。お時間があれば、合わせて読んでみてください。

IPv6のメリットとデメリット|ゲームをするならIPv6が良い?

 

グラフィックドライバーを更新する

 

グラフィックドライバーを更新していない場合は、最新のバージョンにアップデートしましょう。

 

映像を描写するためのグラフィックドライバーは、バージョンによってパフォーマンスが低下することがあります。

 

古いバージョンのグラフィックドライバーを使っている場合は、バージョンアップすると動作が改善することがあります。

 

FF14の優先度を上げる

 

パソコンでFF14の処理が優先されるようにすると、ラグを解消できることがあります。

 

まずは、FF14を起動させた状態でタスクマネージャーを開きます。

 

その後、「詳細」タブを開きFF14を右クリックして「優先度の設定」を「高」または「リアルタイム」に変更しましょう。

 

有線接続する

 

Wi-Fi接続でFF14をプレイしている場合は、有線接続に切り替えましょう。

 

Wi-Fi接続は電波で通信するので受信感度によってPing値に影響が出ます。

 

Wi-Fiルーターと距離が離れているとスムーズに通信できなくなることがあります。

 

また、Wi-Fi通信に使う電波によっては、近くのWi-Fiルーターが発する電波や電子レンジの使用で電波干渉が起きやすいです。

 

LANケーブルはカテゴリ5e以上を選ぶ

 

LANケーブルのカテゴリによって最大通信速度が変わります。

 

そのため、古いLANケーブルを使い続けているという方も、LANケーブルを買い換えると通信速度が改善される可能性があります。

 

FF14をプレイする方は、CAT5e以上のLANケーブルを使ってください。

 

また、最大通信速度が1Gbps以上の光回線を契約している場合は、CA6A以上のLANケーブルを選びましょう。

 

 パソコンを買い換える

 

FF14でラグが発生する原因は、ネット回線だけでなくパソコンのスペックの問題かもしれません。

 

パソコンのスペックが低かったり、古い場合はパソコンの買い替えを検討しましょう。

 

パソコンが性能不足だと、情報を処理しきれずPing値に影響を与えることがあります。

 

FF14の公式サイトに記載されている推奨スペックは、メモリは8GB以上と記載されていますが、他のアプリを起動することも考えると16GB以上あった方が快適です。

 

まとめ

 

今回は、FF14をプレイする上で必要な回線速度やPing値などについて解説しました。

 

ラグや遅延でまともにプレイできないという方は、現在利用している回線や機器の見直しをしてみてください。

 

インターネット回線を検討中の方や光回線選びでお悩みの方は、当社までお気軽にご連絡ください。